カテゴリー: Uncategorized

産後ダイエットで一番楽で効果があったもの

31歳で帝王切開で男の子を出産し、勝手に体重が減るだろうと思い込んでいたら、大間違いでした。

産んだ直後はなんと0.5キロしか減っていなくて、「なんでなんですか?」って看護師さんに聞いてしまいました。

妊娠中に12キロ太ってしまい、母乳が出たのですぐに5キロほど戻せましたが、そこからが全然でした。

ビリーズブートキャンプに入隊して夫婦で頑張ってみたけど、キツ過ぎる…。

夜は白ご飯を食べないことにして炭水化物を抜くダイエットも試しましたが、それほど効果はでませんでした。

運動は元々嫌いで子供を公園に連れて行く位でしたが、これを機に一度行ってみたかったジム通いを始めてみました。

水泳は肩こりがスッキリ取れてとても気持ちが良かったのですが、20分も泳ぐとへとへとになってしまい、教室ではなく、自由にプールを行き来するだけのコースを選んでいたので、ほぼプールを行ったり来たり歩いていました。

水泳で分かったことは、水泳では痩せないということです。前に聞いたことがあるのですが、女の人は冷やすとそこを温めようと体が脂肪をつけるそうです。

なので、ウエスト辺りまで水に浸かってただ歩いているだけの私はウエストに脂肪が付き、本当にお腹回りが太ってしまったのでした。

結局、私に一番効果があったダイエットは、職場復帰でした。

1年の産休が決まっていたので、職場復帰した時、同僚達に「太った」と思われることだけは嫌でしたので、それまでに妊娠前の+2キロまで落としたいと決めていました。

やっぱりなんでも「決める」ということが効くようです。

私はアパレルで企画の仕事をしていたので、同僚達もみんなスレンダーでおしゃれ。企画したものを試着することもあったため、サイズが変わったなんて恥ずかしくて言えません。

一応、ウエストのくびれには脇腹筋が一番効果がありました。1か月で3cmも細くなりましたし。

体重には飲み物糖分抜きダイエットが一番効果がありました。

私はコーヒー、紅茶が大好きで、産後母乳の期間が終わると我慢していた分、コーヒーや紅茶を砂糖たっぷりミルクも入れて飲んでいました。

それを、糖分とミルクをなくし、ストレートで飲むようにしました。始めは物足りなく感じましたが、やがて、コーヒーのブラックの香りにはまってしまい、きちんと挽いた豆を使って丁寧にコーヒーをいれる時間が楽しみになりました。

そして、+2キロの状態で職場復帰を果たし、仕事と家事、育児のきつさで妊娠前の体重に戻すことができました。

 

2か月で7キロの減量に成功したダイエット記

身体を動かすことは好きな私ですが、食べることももっと好きだし、ビールも好きだし…気づけば人生で一番重たくなっていました。

これはまずい!

というわけで、初めての本格(?)ダイエットを始めることにしました。

まずはリサーチ。何をしたら痩せるのか、成功への近道なのかを調べた結果、至って当然でシンプルでした。

食事制限と運動です。

 

このような経緯で初めて見た糖質制限ダイエット。

栄養のことなどにはまったく知識はありませんが、なんとなく人から聞いた炭水化物は摂らない方がいいらしいということを実践してみることにしました。

このようにして、私の米やパンなどの炭水化物と果糖以外の砂糖を一切取らない生活が始まりました。

 

何を食べるかというと、野菜や果物のほかに豆類、豆腐、魚類を工夫を凝らして毎日飽きないようにアレンジです。

野菜はサラダだけでなく、スープに入れたり、ジュレにしたり、蒸し野菜にしたり。

例を挙げると、

朝ごはんは、ヨーグルトとところてんと果物です。

昼ごはんは、たいていサラダやスープです。

夜ごはんは、ちょっと頑張ってタンパク質が豊富な大豆やひよこ豆をふんだんに摂り、バランスを心がけた食事にします。

 

また、砂糖は食べないというのを徹底していたので、お菓子はもちろん、煮物などの甘い系おかずも避けていました。

3食の食事以外の食べ物は(食べないようにしていましたが、どうしてもお腹が空いたときのみ)、果物を食べました。

それまで毎晩飲んでいたビールももちろん禁止です。

その代わり、毎日水を2リットルを目標にがぶがぶと頑張りました。

こんな食生活を始めると、すぐになんだか身体がきれいになり軽くなった気がする!と感じられました。

 

運動はというと、ジムに通うことも考えましたが、これはお金がかかりすぎます。

走るのがお金がかからず効果を得られるようでしたが、走るのなんて苦しくて無理。

出来るスポーツで気軽にお金をかけずに出来るものは、水泳でした。

週3回クロールで休まず1時間泳ぐことにしました。

水泳はゆっくり自分のペースで長い時間泳ぐといいらしいのです。

 

最初の2週間で、痩せたねと周りから言われるようになりましたが、体重は800gしか変わらずでした。

ただこの時点で体脂肪率がかなりぐーんと下がりました。

 

この食事制限と週3回の水泳を続けること1か月でなんと体重は3キロ減り、その後2か月後には7キロ減りました。

7キロ減ったところで、糖質制限を緩くし、ビールも週末のみOKとし、水泳も週2回にしましたが、6か月後の今もリバウンドなしを保っています。

月1キロを目標に結婚式に向けてダイエット

結婚式を間近に控えているので、ダイエットに励んでいます。

目指すは彼氏と出会ったときの体重の48キロです。マックス62キロまで行ったことのある私にとってはこのときの体重が奇跡のような感じだったのですが、その4体重にするまでは6年くらいかかりました。

高校生のときが1番重かったのですが、大学になって自転車通学やバイトを始めるとするする体重が減り始めて52キロになって喜んだ記憶があります。

でも就活が始まるとストレスで54キロくらいまでリバウンドして、就職をして落ち着いてくるとまた52キロくらいに戻りました。

その頃は彼氏がいたことがなかったので何としてでもモテたくて、痩せ始めたことをきっかけにダイエットを始めました。

ジムに通ってヨガをやったりしたのですが、どうしても美容体重まで行かなくって、その後はエステの力を借りようと思い立ったのです。

エステは体験をとにかく行きましたが、その中でいいエステがあったのでそこに通うことにしました。値段は10回のコースで10万円です。

普段の食生活でもなるべくもずくやめかぶなどの食事にして、夜は炭水化物を食べずに軽く済ませるようにしました。

そのやり方があっていたようで、半年後くらいに美容体重くらいになりました。まずは50kgを切ることが目的だったのですが、その段階になったときは狂喜乱舞です。

その頃はよく出歩くようにもなり、そのおかげもあってかさらに痩せて彼氏もできました。

ただその後ワーキングホリデーで海外に遠距離をしながら過ごしていたのですが、なんと体重はリバウンドして帰国時は57キロに。慌てて体重を戻そうとしましたが、3キロくらいは自然に戻ったものの、また標準から美容体重に戻すのに大苦心です。

結局またエステに通いつつ、今は155センチ51.5キロに戻りました。

4カ月後に結婚を控えているので何とか目標の48キロまで痩せたいです。

今やっている方法は朝のスロートレーニングという筋トレ方法と食事制限、あとはお風呂にしっかり入ること、水分を取ること、リンパマッサージをすることです。

私は冬の間は体重が増える傾向にあり痩せにくいのですが、夏場は体重が減りやすくなるのでその間に頑張りたいです。

目標は1カ月1キロですが、今のところ順調にクリアしています。今後体重がちゃんと減ってくれるか心配ですが、エステの力を借りつつ自分でも努力をして、1番好きだった頃の体型に戻って綺麗な花嫁さんになりたいです。

アロマフィットネスは美と健康の強い味方!

継続は力なりと言いますが、私自身日ごろのビューティエクササイズの積み重ねが実り、いい兆しが出てきてきます。

いい変化の手ごたえが実感できることはさらなるモチベーションアップに繋がりますし、とても大事ですね。

このいい変化あってこそ、エクササイズのやりがいや意味があると思います。駅の階段を一段楽勝で飛ばして上まで余裕で上がれたり、デニムパンツにも余裕が出てきたりしている今日この頃、エクササイズも一段と捗るようになりました。

そんなエクササイズのいい結果も、好きなアロマを取り入れてのおかげです。

生活の中で何かとお世話になっているアロマですが、フィットネスなどエクササイズ場面にもバンバン活躍してもらって久しいアロマです。

この頃のような夏場であれば、ペパーミントやユーカリ系のオイルが清涼感があってお気に入りのアロマです。

今日のワークアウトは、アロマディフューザーでユーカリ&ラベンダーのブレンドアロマをミスト散布し、少々ひんやり気持ちのいい空間を作って実践しました。

キツくなりすぎない程度に、ほんのりお部屋に薫るぐらいのアロマがいいですね。

適度なアロマ空間の中でのワークアウトはとくに捗りました。

今日のワークアウト中BGMは洋楽がメイン。

迷ったら洋楽が正解というほど、エクササイズと洋楽は相性がいいですね。約1時間ちょっとでありながらあっという間のワークアウト。

本日も気持ちよく大量発汗し、ガンガンデトックス&リフレ&レベルアップできて最高に気持ちよかったです!

続いてこそのフィットネスは、フィットネスライフを取り巻く音楽もアロマもウェアも、自分で好きという気持ちや心地よさが伴うものが本当に一番だと思います。

この素敵なフィットネスウェアを着たいから運動する!でもいいですし、この音楽を聞きながらワークアウトするとテンション上がる!でも意味があると思います。

お気に入りのウェアが自分なりにあれば、それだけフィットネスや美活の継続に繋がりますね。メイクをするときのように、ウェアを身に着けることで「これからやるぞ」とスイッチが入るような、そんなテコ入れ的な役割も素敵なウェアにはあると思います。

好きなウェアや音楽に併せ、何となくフィットネスがマンネリ化してきたなというときにも一役買ってくれるのがアロマオイル。

今度はスペアミントのキリッと気持ちよく引き締まった空間を作って、アロマフィットネスを五感で楽しみたいと思います。

さて、パワフルに発汗して老廃物をデトックスした今日があったからこその明日、朝イチに肌ツヤレベルが更新されているのを鏡で見るのが今から楽しみです。

フリパラツイストダイエットで簡単減量に成功しました

ダイエットって私の永遠のテーマなんですが、なかなか成功しません。

唯一成功したのが病気で入院したとき。

あの時は、病院食で個別の栄養食だったので、3ヵ月の入院で7キロダイエットすることに成功しました。

しかし退院してから4ヵ月で私の体重は、元通りに戻ってしまいました。

そのときは、自分の弱さを痛感しました。

そう私は、無理やり、食べれない環境のときに減量が出来たのですが、自分に甘い人間です。

だから普段の生活で食事制限というのは、
かなり難しいのです。

そんなときにテレビを見ていると、心惹かれるダイエット方法がありました。

「ダイエット大家族2017四男四女10人太っちょ大家族!60日間で100キロ減量」

というテレビの企画でやっていたフリパラツイストダイエットというヤツです。

見ている限りやり方は簡単です。

1.両方の足の踵をくっつけて親指同士は広げる。

2.両手は、親指を人差し指でL字を作る。

3.両腕を真横に広げる。

4.腕と足は、動かさずに腰だけ左右にツイストのように動かす。

この動作を1分間、1日2回やるだけでダイエットが出来るという優れもの。

もちろん、テレビではその他にも食事や睡眠にも気を使っていましたが、運動がそれくらいなら私にだって出来ると思いました。

それになんたってデブばっかりの緑川一家が、並々10kg前後2ヵ月でダイエット成功したわけですからね。

忘れないうちに、早速取り掛かりました。

やってみると30秒くらいで広げてる両腕が下がりそう。

そして腰のツイストがたった1分とは言え、
思った以上に大変。

上手く腰が動かせられない。
ねじるのが下手なのか途中で止まってしまう。

まあ、最初はこんなもんだろうと思いながらがんばってフリパラツイストダイエットを継続していきました。

たった1回1分なので、1日2回と言わず、出来るときは、5~6回する時もありました。

2日もすると目に見えて体重が減りました。
と言っても1kgですが・・・。

それでも私にとって1kg減るというのは、かなり大変なことです。
それが2日で出来たのですから
テンションもあがります。

結局、軽い運動をやり、出来る範囲で食事を減らし

最終的に1ヶ月で4キロ減量することに成功しました。

フリパラスイストダイエットがこれほど効果があるとは思いませんでした。

家の中でも出来るし、ダイエット器具も使わないのでホントお手軽です。

見た目はちょっと恥ずかしい格好ですが、かなりおすすめの方法です。

 

雨の日は自宅でサーキットトレーニングを

連休にも関わらず、このところは雨ばかりで趣味のジョギングもできない日々。

しとしとと暗い雲から降りしきる雨は、見ているだけで私の心を重くしていきます。

ジムに通うにもお金が掛かるものですし、こんな雨の日に外へ出掛けると車の渋滞に巻き込まれてしまいます。そんなことを考えるだけでも億劫になってしまいます。

体を動かすのが趣味とはいっても私は出不精なところがあるのか、走るとしても近隣程度で基本的にはのんびりと家で過ごしたい性格なのです。

そんな私がこんな雨の日にダイエットのために行うトレーニング法は、自宅でサーキットトレーニングと決まっております。

サーキットトレーニングとは、6種目から12種目メニューを組み合わせて連続で実施するトレーニングで、1周終わるまでインターバルはなしで行っています。

種目によってはダンベルやぶら下がり健康器なども使っていますが、1種目をだいたい3つ数えるペースで15~20回でそれを3周ほどしています。私の場合、具体的にどのようなメニューで行っているかと言いますと、腕立て伏せ、スクワット、懸垂、ローイング、ダンベルカール、プッシュアウェイ、ダンベルプレスなどです。

ダンベルなどの器具を使用する種目もあるので、各種目の回数には違いはありますが、概ね20回の数で実施しています。

これが案外汗をかく。

ゆっくりとしたペースのおかげで各部位の刺激が筋肉に集中し、終わった後には程よい疲労感が体を襲ってきて、筋肉もパンプしています。

 自宅の中ですから外に走りに出掛けて雨に濡れる心配も、どこかのトレーニング施設まで車で通い、往復での渋滞にイラつくといったこともありません。

ダンベルや器具などは使いますが、基本的に自重トレーニングですからお金もかかりません。器具も家の隅にまとめて置いてありますからサーキットトレーニングをしていても、家族から邪魔だとかガチャガチャうるさいとも苦情を言われずに済んでいます。

 サーキットトレーニングというものは実に一石二鳥なトレーニングといったところで、ジムに通うのに躊躇しつつも体を鍛えたいという方には、ぜひお薦めしたいトレーニング方法です。

体の血行を良くし、心肺機能強化、基礎代謝の向上のためには筋力トレーニングは欠かせません。

たとえトレーニングをするのに十分とは言えない状況ではあっても、回数も15~20回と目標が達成しやすい数字ですし、工夫次第で良いトレーニングはできるものですから、どんどんとサーキットトレーニングを行っていきましょう。

 

食事の前に炭酸水を飲むと胃が膨らんで食事コントロールできます

ダイエットって中々難しいと思います。

思うように体重が落ちなくて悩んでいるという人も多いんじゃないかなと思います。

運動をして蓄積された脂肪を燃焼させる、というのはよい方法です。

しかし実際に運動をすることが出来ない人ってたくさんいると思うのです。

 

仕事で疲れてしまい、運動が出来ない人。

急激な運動をしてしまうと体を痛めてしまう人。

負荷がかかりすぎて、運動を継続することが出来なくなっては大変です。

運動をする時間を設けることが出来ないという人も多いと思います。

 

そうなると摂取カロリーを減らすしかありません。

食事制限ということになるので、好きなものを食べることができなくなってしまうとストレスを感じるので、食事制限は難しいということもあるでしょう。

食べる量を減らすとイライラの原因にもなってしまいます。

そこで自然に無理なく食べる量を減らすということを考えてみるといいんじゃないかなと思います。

そんなの無理、と思っているかもしれません。

それが簡単な方法で満腹感を得ながら食事の量を減らすことが出来るのです。

 

その方法が食事の前に炭酸水を飲むという方法です。

水でもよいのですが、炭酸水のほうがお腹に溜まります。

胃が膨らむので少量の食事でも満足をすることが出来るのです。

炭酸水はノンカロリーのものを選ばなければいけません。

カロリーのある炭酸飲料を選んでしまうと意味がなくなってしまいます。

炭酸が苦手という人は無理のないように、水にしてみるとよいでしょう。

食事の前に水を飲むだけでも効果を得ることが出来ます。

 

炭酸水を飲む場合には、コストもそんなにかかりませんし、気軽に始めることが出来るというメリットがあります。

運動をする時間がないという人であっても、すぐにスタートさせることが出来るので、やってみる価値はあると思います。

 

また炭酸水には血管を若返らせる効果もあるということなので、ダイエットだけではなく、健康に気を使いたいけど何をしたらいいのか分からないという場合にも適しています。

 

ダイエットには食事と運動、と言いますが、中々両方を実行することは難しいです。

確かに運動と食事に注意をすることによってダイエットは成功するでしょう。

しかし長く続けることが出来ないとリバウンドをしてしまいますし、不健康です。

ダイエットをするのであれば、出来ることからスタートさせればよいです。

いきなり負荷のかかりすぎることからスタートをさせてしまうと、挫折をする時が来てしまいます。

長く続けるということは大変なことではありますが、それでもダイエットを成功させるためには自分にできることからスタートさせてみたほうがよいでしょう。

 

早寝早起き朝御飯!!!

当たり前の事かもしれませんが。。。私が今行っているダイエット、それは

 

規則正しい生活を送る

 

というものです。具体的には早寝早起き朝御飯。特に朝御飯をしっかり食べることを心がけています。

妊娠中は8キロ程太りました。娘を出産後4キロ減少。あと、4キロが中々落ちませんでした。産後しばらくは無理は出来ないので食べて寝て、赤ちゃんのお世話のみ中心で過ごしていました。

体も回復し、さぁそろそろダイエットをしなきゃ!と思い始めました。そんな時、どんなダイエットなら続けられるかなと、考えた結果このような形になりました。

上にお兄ちゃんが居るので食事ダイエットは難しい。お兄ちゃんのご飯は作るのに私だけ別メニューというわけにもいかないので。。。また、ヨガやジムに通うことも中々難しく。

 

普段私は

朝6時に起きて、朝御飯をしっかり食べる。夜は21時就寝。日中の完食はなるべく控え、夕御飯は18時と早めに食べる。+子どものお世話。

という生活を送っています。

 

 

ただ普通のこれだけの生活ですが、中々落ちなかった体重があと、1.5キロという所まで減少しました。第2子の娘は現在生後7ヶ月です。

もう少し娘が大きくなったら、公園に連れて行き、娘の相手も兼ねて本格的にダイエットをしようと思います。

 

本当は子どもが寝た後に録画したドラマでも見ながら、お菓子とジュースをゴクゴク。。甘いものを食べることが一番幸せな時間の私。

子育てのストレスをスイーツで解消したいのですが、体型を戻す為に我慢しています。授乳中なので、日中は普通の人よりよく食べて居ますが、夜は控えめにしています。

この基本的な生活習慣を気を付けるだけで、2.5キロ減量出来たのでびっくりしています。

 

朝御飯をしっかり食べることと、夕御飯を早めに食べることがいいのかもしれません。

 

独身で正社員のときは今よりも4キロ太っていました。

そのときの私は

 

朝は菓子パンやシリアルを軽く食べ、夜ご飯は21時以降は当たり前。

 

という生活でした。飲み会も多かったせいもありますが、今よりも太っていました。

朝御飯をしっかり食べれば日中も元気に活動出来ますし、しっかり食べても日中動けば消費出来ます。

夕御飯も早い為、そこまで暴飲暴食することもないですし、何より寝るまでに少し消費してくれます。

独身の時より健康的ですし、何より体重も減っています。

規則正しい生活を送り、あと1.5キロ頑張って痩せようと思います。

いつまでも

素敵なママ

と、言われるように頑張りたいと思います。

 

 

出会い系サイトやアプリを利用してダイエット

私は幼少期から内気な性格で自分に自信がないまま二十代前半まで過ごしていました。

恋愛には憧れていたものの幼少期から太っていた為、モテた事もなく好きな人が出来ても声すら掛けられず終わる日々を送っていました。

そんな私がダイエットを決意するきっかけとなったのは出会い系サイトに登録してからでした。初めは単純に恋愛したいと言う単純な理由から出会い系サイトに登録しました。

出会い系サイトが絡んだ事件をニュース等でよく聞き、怖いと言う思いはありましたが何か行動しなければと言う思いから行動し、出会い系サイトに登録した初日は沢山の男性からメールが届いた事を未だに覚えています。

その中で恋愛に発展したり、別れたり色々な出会いをした中で私はダイエットに詳しい男性と知り合いました。

 

その男性とは暫くサイト内でメールのやり取りをしている内に意気投合し、直接メールアドレスを交換し、恋愛する目的で会うまでに進展しました。

男性と会うまでにメール内で外見に自信がない事や内気で口数が少ない事を伝えると、男性は励ますかのように俺も太っていて外見には自信がないから大丈夫だと言ってくれました。

その言葉で少し落ち着く事が出来、当日を迎えました。

当日は家から少し離れた広い公園の駐車場で待ち合わせし、散歩する予定を立てていました。

無事に会えるか心配しながら待っていると待ち合わせ場所に小太りな男性が表れ、お互いを確認し合うと公園内を散歩しました。

散歩中は、男性と冗談を言いながら楽しく過ごせ、公園内を半分程散歩した所で男性は私に「もう少し痩せた方がいい。俺も手伝うから一緒に頑張ろう。」と言われ承諾しました。

男性となら楽しく痩せられるかもと思え、その後、男性は学生時代スポーツをしていて腹筋が割れていた事やダイエットに詳しい事を話してくれ先ずはスポーツをして筋肉を付ける事が大事で、筋肉が付くと痩せやすくなる事も教えてくれました。

その日から男性の仕事が忙しくなり会えていませんがメール上では繋がり、ビタミンB1の豊富な豚肉や豆腐などの豆類は余分な肉を落とすより筋肉を付けてくれるから良いことや女性はスクワットなどの筋トレより開脚ストレッチ等がいいと指導してくれたり、くじけそうな時は励ましてくれたりしているので現在も頑張れています。

今私が実践しているダイエットはスマホアプリを使ってのランニングや筋トレ、後は食事に気を付けているくらいです。

カロリーの高いものを全く食べないのではなく半分や少しと制限しているだけなのですが少しずつ痩せ、半年で5㎏以上痩せられました。

後は、毎日体重計に乗る事で体重を把握出来るので効果的です。

この体験をしてダイエットに協力してくれる人は本当に必要だと感じました。

酵素ドリンクでダイエット成功した私の体験談

20代の頃までは、かなりに痩せていた私。

 

人間の三大欲求のひとつ、

食欲は完全に欠けていました。

 

一日中食欲がわかない、

食べ物はポテトチップスに水だけあればそれで良かったのです。

 

しかし30代になってから急に食欲増進して

今までの食生活が嘘のようにバクバク食べるようになりました。

 

原因は、仕事のストレスだと思います。

長時間、お客様のクレームを聞く仕事になり、

それがストレスになり過食症気味になりました。

 

ずっと50kg前半だった体重はいつの間にか65kg。

 

さすがにこれはヤバイと思いました。

なんせ10kg太ってしまったわけですから。

 

そこで今までやったこともない

ダイエットをやろうと決意しました。

 

でもダイエットっていろんな方法がありますよね。

 

あんまり大変そうなのは止めといて、

確実に自分でもできそうなのを探しました。

 

そして私が決めたのが酵素ドリンクダイエットです。

 

今、人気のモデルや女優さんもやってる酵素ダイエット。

 

一食分の食事を酵素ドリンクに置き換えるという方法です。

 

これならそんなに難しくないはずです。

 

まあ、1日2食を酵素ドリンクに置き換えれば、

1日1食の置き換えより早く痩せれるとは思います。

 

ただ、最初からあんまり無理して、

途中で挫折してはもったいないですからね。

 

だから私は、多少時間はかかっても、

長続きして確実に痩せれる方法を選べいました。

 

酵素ドリンクって各社からいっぱい販売しています。

 

どれも一長一短のようで決めるのが難しかったのですが、

その中から「お嬢様酵素ドリンク」を選びました。

 

その理由は、

・値段が安い。

・味がフルーティーで美味しそう。

というのが大きな理由です。

 

私は、このお嬢様酵素ドリンクを朝の食事の時に

置き換えるプチダイエットをはじめました。

 

20代の頃ならまだしも、最近は朝ご飯も

結構食べていたので酵素ドリンク一杯で大丈夫かと最初は不安でした。

 

飲んだ感想は、味はとても甘くて美味しいです。

もっといっぱい飲みたいくらい。

 

でも、少したって、確かに腹持ちは良さそうな感じ。

 

何とかお昼ご飯までは大丈夫です。

 

私のダイエットは、この1日1食置き換えと

夜、公園を速足でウォーキングすること。

 

そして今まで、ほとんどが車移動をしていたのを、

近い場所には、歩いて行くようにしました。

 

もちろん、昼と夜の食事も出来るだけバカ食いはしないで、

常識範囲内で食べることを心がけました。

 

その結果、私の体重は3ヶ月で8kg減量に成功しました。

 

現在57kgなのでとても体が軽く感じます。

 

最初の頃は、食べたい衝動にかられることもありましたが、

途中からはそれも乗り越え、リズムよい生活ができたのが勝因だと思います。

 

今でも毎日ずっとダイエットを頑張って続けています。

もともと太りやすい体質なので、定期的に運動をしようとしていました。

しかし、ケーキ屋さんでアルバイトを始めてから、かなり太ったのです。

というのも、アルバイトが終わった後にケーキを食べる量が増えたからでした。ケーキを食べ始めると、たくさんのケーキが食べたくなってしまい、寝る前にもずっと甘いものを食べ続けていたのです。

ある時、久しぶりに会った友達に、かなり太ったことを指摘されました。

自分ではあまり変わらないと思っていたので、かなりショックでした。

そこで、ダイエットすることにしました。ダイエットをするためには、まずケーキを食べることを一切やめました。

食べたい衝動にかられることもあったのですが、我慢することにしました。それから、水をたくさん飲むようにしました。

水を飲むと代謝が良くなると聞いたことが会ったので、それを信じて、水を摂取する量を増やしました。

それから、毎晩外でランニングを始めました。

夜遅い時間に走っている人は誰もいなかったので、一人で走っていると孤独な気分になったのですが、痩せるために頑張りました。

一人で走っていると、ストレス解消にもなりました。一日あたり、30分走ることを続けています。

そのおかげで、体重が少しずつ減ってきています。

しかし、まだ気を緩めることはできません。気を緩めてしまうと、すぐに太ってしまうからです。

体重をしっかりと管理していくためにも、食べるものにも気をつけています。例えば、炭水化物を食べることをなるべく避けるようにしています。もともとパンや白米を食べることが大好きなのですが、ダイエット中は控えるようにしています。糖質が高い炭水化物を食べると太るからです。もしも食べたい時には、胚芽パンや玄米を食べるようにしています。

それだけでもダイエットに繋がると感じるからです。食生活は、タンパク質を十分に取り、野菜や果物を中心としたものにしています。タンパク質に関しては、なるべく鶏肉を食べるようにしています。

牛肉や豚肉は避けています。それから、緑黄色野菜をたくさん食べています。

食物繊維の多い野菜も積極的に、食べるように心がけています。デザートには、果物を選びます。

果物には果糖が多いと言われているので、食べ過ぎないように気をつけています。

ケーキやクッキーなどの甘いものは、一切食べていません。ストイックな食生活や運動を続けていますが、今後も飽きずに頑張っていこうと思っています。